昨日、中国から打刻機とコーションプレート(ネームプレート)のサンプルが到着しました。

今日は、アメリカに行くので、朝からお土産を買ったり再度荷物の点検やらで大忙し!

なのにこんな時に、昨日に限って中国から早めのサンプルが到着自動車屋さんで、独自のコーションプレートを依頼されていて、自分でコーションナンバーを打刻したいと言う依頼に応えました。

日本では、デザイン料やら構成などでかなりお金を取られるみたいで、ナンバーをもし自分で打刻するには、曲がらないように注意しながら、もし失敗するとプレートを捨てるようになり大変みたいです。

そこで、知り合いを返して有)富創に依頼が来ました。

以前、シークレットグッズで紹介をした。iPhoneのケースにIMEIを打刻したりケースにメッセージを入れた事を思い出し探すことにしました。

以前の機会は、レーザーでアルミや鉄、ステンレスに文字や数字を入れるもので、高額な物でした。

今回は、手動で打刻と言う事もあり、かなり安い金額で済みました。

機械的には簡単な物で、前後、左右の調整と文字の幅を決めれば、手で上のゴムを叩くだけです。
もし力が足りず打刻が薄ければ、2度打ち3度打ちが出来るので失敗が限りなく少ないです。


機械屋さんや、車屋さんで自分のオリジナルのコーションプレートをお考えの方は、一度相談してください。

デザインは、イラストレーターでコーションプレートの社名などの制作が出来ます。

今日から21日までアメリカに行くので、お問い合わせは、メールか電話で有れば、21日以降で対応いたします。

お急ぎの方は、明日には、アメリカの電話番号が決まるので、ドコモ回線のかけ放題プランは無料、SB、AUは国内通話料ぐらいで、電話がかけれる電話番号をホームページ内でお知らせします。